家族の健康のために出来ること

東海地方の出生前検査

東海地方の出生前検査

東海地方の出生前検査 高齢妊娠による胎児の染色体異常の有無を検査するのが、NIPTとも呼ばれる出生前検査です。
東海地方の幾つかの病院でも実施されています。一言で出生前検査と言っても幾つかの方法があるため、自分に合った方法を採用している病院を見つけることが重要でしょう。
例えば、羊水を採取して胎児の染色体を調べる羊水検査がありますが、方法としては母体のお腹から針を刺して採取した羊水中の細胞を検査するというものです。これにより、染色体数の異常の有無や構造異常の有無が分かるようになっています。多くの病院では妊娠十五週から十八週の時期に行なうことになります。
もう一つの出生前検査は血清マーカー検査と呼ばれるもので、血液を調べることによって行ないます。血液中の三つもしくは四つの成分を測定して確率を算出するという方法です。これは妊娠十五週から十七週に行なわれていますが、結果によっては羊水検査などが必要になることがあると言われています。

出生前検査を受けられる機関は中国・四国にも

出生前検査を受けられる機関は中国・四国にも 子供が生まれてくる前に出生前検査を行う事例が目立ってきました。出生前検査というのは、妊娠しているときに、胎児が先天的な内臓の形が普通でなかったり、あるいは染色体異常を有していないかを検査することを意味しています。
中国・四国でも検査を受けることのできる機関がたくさんあります。もちろん胎児が対象の検査ですので、すべてが完全に判明するわけではありません。あくまでもわかる範囲での検査をすることなるのです。胎児が母親のおなかの中にいる間に実施する検査ですので、出生前検査と呼ばれています。生まれてくる前に胎児の情報を把握しておくことによって、出産後に問題として表面化してくるかもしれない各種の症状への対応を考慮したり、そのことへの対応の準備をすることができるのです。あわせて母親の健康状態の管理にも寄与できる可能性もあります。出生前検査の手法は幾つかありますが、これは夫婦間でじっくりと話し合って双方が納得した上で、受けるかどうかを決定するのが前提となります。

 

Copyright (c) 2018 家族の健康のために出来ること. All rights reserved.