家族の健康のために出来ること

検査を受けるかどうかの選択

検査を受けるかどうかの選択

検査を受けるかどうかの選択 近年日本でも出生前検査というものが注目を浴びるようになりました。出生前検査とは、羊水検査や超音波検査などを通してお腹の赤ちゃんに病気や障害、奇形などの有無を調べるものです。
お腹にいながら治療が出来るものは薬の服用な治療などを行うという意味も大きいのですが、もし何らかの奇形や障害を持っているという場合に堕胎を望むということも可能になるのです。この際の決断はとても重要であり一概にどちらがいいといえるものではありません。どんなことがあっても産むという決断を夫婦でしている場合には、この検査自体を受けることをしなくてもよいという方法もあります。しかし、事前に知っておくことで心の準備が出来るという考え方もあります。もし、育てられる自信がないことや様々な状況から堕胎を選択する夫婦も少ないないのが現状です。出生前検査を受けるかどうかを夫婦でよく話し合い、その結果からどういう方向性を選択するかまでよく話し合っておくことが大切です。

出生前検査を受けるリスクと具体的な内容

出生前検査を受けるリスクと具体的な内容 妊婦の方で出生前検査をうけるかどうか検討している方は、そのリスクを把握して行うのが大事です。
出生前検査は対象者が決まっており、すべての妊婦が受けるのは難しい内容になります。出生前検査は場合によりかなり危険が伴い、流産をする可能性があるリスクを伴う検査です。また希望するすべての胎児の疾患の可能性がわかるわけではない事や、母体から細胞を採取するので腹膜炎などの危険が伴います。検査結果が出るまで時間がかかる場合があり、病院が限られるのです。このような内容を把握したうえで出生前検査を受けるのが重要になります。
両親のどちらかが遺伝子が関係する先天性の疾患があったり、高齢出産で不安な場合に有効です。この検査のメリットだけでなく危険を把握したうえで、この検査をするかどうか決めます。男女の性別をこの検査で判断する事が現在の日本では出来ないので注意が必要で、担当医ときちんとこの検査について確認をするのが大事です。

 

Copyright (c) 2018 家族の健康のために出来ること. All rights reserved.