家族の健康のために出来ること

最新の出生前検査情報まとめ

関東でも人気の新型出生前検査が持つ問題とは

関東でも人気の新型出生前検査が持つ問題とは 近年高齢出産をする女性が増えたこともあり、子供の誕生を前に染色体の異常を調べる出生前検査を受ける人が急増しています。
その中でも新型出生前診断は母親の血液からダウン症などを調べることができる方法といえます。
従来の出生前検査で確定した妊婦のうち、97パーセントが人工妊娠中絶をしていたという報告もあり、賛否が分かれているのも事実です。
新型出生前診断は、妊婦の血液から病気の有無を確認することができる出生前検査で、極めて精度が高いということが注目されています。
従来の羊水検査はお腹に針を刺す必要があったため、流産のリスクもあり母体への負担も少なくありませんでした。
また母体血中のタンパク質を分析するという方法は、精度がやや低いという難がありましたが、この新型出生前診断はどちらもクリアしているといえます。
関東でも徐々に受診が可能な病院も増えていますから、事前にメリットやデメリットを十分納得することが大事です。

関西にある産婦人科で行なわれている出生前検査に伴う周産期遺伝外来

関西にある産婦人科で行なわれている出生前検査に伴う周産期遺伝外来 妊娠や出産に何らかの不安や悩みは皆さんお持ちであり、胎児の健康状態に関しても大きな関心のひつだと言えるでしょう。
妊娠や出産の近年の上昇により、これまで以上に出生前検査に対する関心が高まっているのは事実です。
出生前検査は、胎児の染色体異常をはじめとした生まれつきの構造の問題を母親のお腹の中にいる間に調べることを言います。
関西にある産婦人科でもこうした出生前検査が行われており、超音波検査や染色体異常などの遺伝学的検査を行なうことに加えて、こうした検査に対する相談などを行なう周産期遺伝外来の提供があるのが大きな特徴のひとつとなっています。
この周産期遺伝外来は、出生前検査そのものを受ける外来ではなく、遺伝の病気を持つ母親の悩みを相談するなどの遺伝カウンセリングを行なうことを目的としています。
大事の心配事に関して夫婦でどのように対応するのが最善な方法であるか、検査結果が出た時にどのように向き合うかを一緒に考えることを目的としているのです。
こうしたカウンセリングを受けた後に、検査をうけるかどうかはご夫婦で話し合って意思決定をしてもらい、受ける際にはご夫婦の同意が必須となり同意書にご夫婦お二人の署名が必要となります。

 

Copyright (c) 2018 家族の健康のために出来ること. All rights reserved.