家族の健康のために出来ること

出生前検査の内容とは

出生前検査の内容とは

出生前検査の内容とは 高齢出産などの際に注目されることの多い出生前検査は、内容として、羊水や絨毛を調べるだけでなく、母体の血液を採る、超音波にて確認をするといった方法があります。最新のものでは母体血胎児染色体検査と呼ばれるものがあり、これは母親の腕から血を採り、その血液の中に浮かんでいるDNAの断片を調べることでわかります。この方法では、ダウン症候群と13トリソミー、18トリソミーの染色体の疾患を確認することができるようになっています。
なお、この方法の場合、35歳以上で遺伝カウンセリングを事前にうける、以前ダウン症候群などの赤ちゃんを出産したことがある、両親のいずれかが染色体異常である、妊娠週数16週未満などといったいくつかの決まりがあります。結果や約2週間となっていますが、なんらかの異常がある場合はさらに羊水の検査を行うようになります。
出生前検査は、受ける時期が決まっており、いつでもどこでも受けられるわけではありません。出生前検査を希望している場合は早めに相談をすると良いでしょう。

出生前検査とはどういった方法で行われるか

出生前検査とはどういった方法で行われるか 出生前検査は、出産をする前におなかの赤ちゃんがどのような状態で育っているのかを確認する検査となります。方法としては染色体の疾患があるかどうかを確認するために母体血清マーカー、胎児の超音波を測定、母体血胎児染色体を調べる、羊水、絨毛を見るといったことを行います。母体血清マーカーは、お母さんの血液の中にあるホルモンの値やたんぱく質を測定しています。染色体異常の確立が高いかどうかがわかりますが、検査をして確率が高いからと言って生まれてくる赤ちゃんの異常は判断することはできません。
羊水は赤ちゃんの細胞が含まれているので染色体の全体像がわかり、染色体だけでなく遺伝子の疾患も調べることが可能となります。ただし羊水の場合は、細い針を刺して採取するので出血や破水、流産といったリスクがあります。そのため母体の血清マーカーなどを調べて何かあった時に受けるようになっています。
出生前検査は、採血するだけである程度わかるようになってきています。出生前検査を行う場合はカウンセリングが大切となるので、夫婦そろって参加をするようにします。

 

Copyright (c) 2018 家族の健康のために出来ること. All rights reserved.