家族の健康のために出来ること

最新の出生前検査情報まとめ

今関心が高まっている出生前検査の選び方とは

今関心が高まっている出生前検査の選び方とは 近年高齢出産が増えている中、出生前診断を受ける女性が急増しています。
出生前検査と一言でいっても、新型出生前診断や羊水検査、母体血清マーカー検査、超音波検査などがあります。
それぞれにメリットやデメリットがありますから、事前に十分理解した上で受ける必要があります。
新型出生前診断は、血液中のDNAの量を解析して染色体異常の可能性を調べる新しい方法です。
まだ一部の病院でしか受けることができませんし、自由診療となるため20万円以上の高額な費用がかかってしまいますが、妊娠10週という早い段階で検査が受けられ、母体に負担の少ないことで注目されています。
羊水検査は胎児の染色体異常の有無をほぼ正確に診断できる方法ですが、妊娠15週以降にお腹に針をさして羊水を採取するため、流産の可能性もあります。
母体血清マーカー検査は、妊娠15週以降に母親から採決する血液検査で、比較的低価格で受診できます。
ただ確定的な結果を得ることはできません。
超音波検査は形に現れる異常をみる方法で、母体にも負担がなく低価格で受けることができますが、正確さには限界があるというデメリットがあります。
出生前検査の選び方としては、それぞれの費用や考えられるメリットやデメリットについて十分理解し、納得いく決断をすることが大切です。

全国に広がる出生前検査とはどのようなものでしょう

全国に広がる出生前検査とはどのようなものでしょう 出生前検査とはお腹にいる胎児に異常がないか産まれる前に検査をするというもので、中でも羊水検査は有名で全国に広がっています。
羊水検査とはお腹に針を刺し直接羊水を抜いて、羊水中の胎児細胞や物質をもとに、遺伝子異常や染色体異常を調べる検査です。
検査としてはそれほど時間はかかりませんし、お腹に針を刺すのも注射くらいの痛みなので対したことはありません。
しかし、0.2から0.3%の確立で流産のリスクもあると言われていますが、自然流産しやすい時期でもあるので一概には言えません。
また、羊水流出と言ってごく稀に羊水が漏れてくる可能性もあります。
その場合は入院して経過観察となります。
子宮に直接針を刺すので感染症になる可能性もありますが、こちらもごく稀な合併症です。
近年視新型出生前検査が出来る病院が多くなっており、こちらは妊婦の血液から胎児の遺伝子や染色体を調べます。
血液検査同様なので合併症のリスクはほとんどありませんが、少しでも異常が出た場合には羊水検査を進められることが多いです。
出生前検査をして胎児が病気だからと言って落ち込むことはありません。
産まれてから病気と診断されるより、出生前検査をして万が一のときは心構えや準備が出来るというメリットもあります。

出生前診断に関する情報リンク

出生前検査 東京

 

Copyright (c) 2018 家族の健康のために出来ること. All rights reserved.